承天寺にて

福岡テンジン大学の授業。東長寺でおうどん作り授業の後は、その「うどん」発祥の地である、承天寺へ。

うどん発祥の地だけではなく、山笠も!!
地味な石碑がお寺の前にありました。
博多で疫病が流行ったときに、施餓鬼柵を弟子たちに担がせて聖水を撒いて疫病を退散させたのが、この寺を開山した聖一国師そうです。

そして、うどん蕎麦などの粉ものの発祥の地。博多織の発祥の地でもあります。
こんな凄いお寺が博多駅から歩いて5分の場所にあるのに、、、、私も去年まで知らなかったのです。

承天寺は普段公開していないので、中に入れるのは珍しいこと。秋のライトアップの時だけ特別公開されています。少し写真を。

玄界灘を模して。石は島々の見立て。
穏やか

桃?

もっと博多の歴史、神社仏閣の歴史を知りたいと思いました。
そして、うどんや蕎麦、博多の食文化のことも。

これからの私の仕事への関わりも変わってきそうです。

カテゴリー: fcp, Fukuoka-福岡 パーマリンク