有田の素敵を満喫♡ ④

幸楽窯へ。

私にとっては、もう5回目の幸楽窯。一度、みんなを連れてきたくて、念願かないました。

有田は陶器の作業工程が分業になっているので、全行程を一カ所で見ることは難しい。
ここでは、型をとる「型」を作るところから、最後の絵付け、焼成までの全行程を行っているので、焼き物のことがよくわかる。
広い敷地の中を窯元である徳永氏に案内していただきました。
去年の秋に始めて訪問したときのこと ↓
http://pino-diary.blogspot.jp/2011/11/blog-post_24.html

こうやって職人の技を見学、何回見ても、嬉しい。
私は今回、主催者なので、参加者の様子を写真に収める。

聞き入るみなさん。 
隙間からw

転写シートを体験

やっと、みんなと来ることができて、数倍楽しかった有田。
全員、Facebookからの参加なので、その後もそれぞれの写真をアップしたり、意見交換したり、有田にまた行きたい!と盛り上がったり!

旅の仲間『カレ』 吉田聡さん作

今月末に開催される有田アートガーデンプレイス。
佐賀大学の学生さんの製作現場。

さて、この防護服(昔、窯に入るときに使ったそうです。が、 窯は1,000度を越す、、どうなっているんだろう) が、どんな風にアートになるのか。楽しみですね。

カテゴリー: fcp, 佐賀−saga パーマリンク