被災地にミシンを贈ろうプロジェクト 

10月13日土曜日、薬院にある「オリーブ」にて、被災地にミシンを贈ろうプロジェクト、初めてのパーティを行いました。31名(お子様連れOKだったので、小学生2名)の方々が集まってくださり、賑やかに盛り上がりました。

まずは、主宰の土生偕子さんによる話。
東北の現状のこと、これまでとこれからの活動のこと、東北で頑張っていらっしゃる方々の紹介。テレビなどの報道で見る写真とは違い、実際に土生さんが、その目で見て撮った写真には説得力があります。集まってくださった中には、実際に被災地支援で東北に行った方、これから出かける予定の方、いろいろな人がいます。
土生さんの経験が参考になり、励みになることと思いました。

30分ほどのプレゼンのあとは、乾杯をして歓談。
Facebookを見て来てくれた方、私の友人、土生さんの友人。いろんな人がまた繋がりました。楽しいね♪

被災地にミシンを贈ろうプロジェクトに関わることで、それぞれが被災地のこと、これからの日本のこと、子どもたちのこと、いろいろなことを考えるきっかけになればいいなと考えています。もちろん、これから活動していくことで、具体的なことも進めていかなければなりません。そして、こんな風に少しでも多くのかたに、震災のことを忘れないように、伝えていければと思います。

* 受付に駆けつけてくれた、吉田さん、城戸さん。
  写真撮影を引き受けてくれた、佐伯さん。
  プロジェクター、資料作成をしてくれた、おさみつさん。
  ありがとうございました♡

カテゴリー: fcp, 東北-tohoku パーマリンク