鹿児島 カクイダへ♪

鹿児島へ。最近、鹿児島に縁がある。

黒酢の桷志田カクイダ) http://www.kakuida.com/

先日、この黒酢5年ものをいただいて、その味にびっくり!まろやかな風味の黒酢は素材の味を壊さずに美味しくいただける調味料なんですね。

桜島を臨み、壷畑を観ながら食事ができるレストラン?!
ホームページをみてみたら何やら面白そうなのです。 となると、やはり現地に行かなければと行ってきました♪

これが壷畑。向こうに見えるのが桜島。
滋賀県の信楽焼と島根県の石見焼の壷が2万個並びます。日本産のこの壷でないと(特に信楽が良いそうですが)カクイダの黒酢は産まれないそうです。

素敵なスタッフの男性が案内してくれ、酢の話をしてくださいます。

黒酢メーカーは鹿児島に8つ、そして全部で10万個の壷があります。
この地が黒酢に適しているのは、年間の平均気温が18.7度と恵まれていること、硬度30度のわき水があること。夏は壷の中が50度になり発行するのに十分な状態になります。

他のメーカーとの決定的な違いは寝かす時間。ここでは2年〜3年、ものによっては5年寝かせます。1ヶ月、1年、3年、5年、と黒酢を試飲させていただきましたが、まったく違う。3年でも十分に美味しいですが、5年となるとまろやかで甘くてコクがある。酢が苦手な人にでも食べられるし、アミノ酸も多くて体にいい。

もうひとつは、全ての黒酢を壷で作っていること。大手メーカーでは、タンクでの発酵。ここカクイダでは、発酵の際に必要な菌はすべて自然のもの、、、壷に勝手に着いてくる菌、壷に潜む菌。

そんなこんなの話を聞いて、そして、壷がフォトジェニックなので、パシャパシャ写真を撮ってしまいました。

レストランでは、珈琲以外すべてに黒酢が使われているメニュー。2,100円のランチコースをいただきましたが、絶品!!これって、絶対原価度外視だよね!

前菜とメインの黒豚フルーツ黒酢ドレッシング掛け。この他にもたくさんのサイドディッシュやデザートが。スープもほんのり黒酢の香り、もずく酢も美味しく、超満足!

http://kurozurestaurant.com/

カクイダまで福岡から3時間半くらいかな。
自分で行くのもけっこう大変なので、6月にバスツアーを組むことにしました。

ご案内はFacebookで♡

カテゴリー: fcp, food, 宮崎・鹿児島−Miyazaki/ kagoshima パーマリンク