全日本地デジサミット第1回その③〜プレゼンの時間〜

フィールドワークを済ませ、明礬温泉「えびす屋」さんに戻る。

まずはこれまでの地デジの活動をざくっと1時間にわたって、サコダデザインの迫田さんがプレゼン。まあ、面白い!

迫田さんのことはここ ⇒ http://inaka-pipe.net/intern/interview05/
とここ ⇒ http://colocal.jp/topics/lifestyle/people/20120831_10262.html

凄い人なのだ!けど、やんちゃでオモロいおっさん。
四万十に魅せられ住み仕事を創りだした人だからこそ、すべての言葉が「地」に足がついていて面白い。凄い人なのだけど、自分の考えに固執せず緩やか。みんなの言葉もちゃんと届く。いやあ、面白い。若い人たちが彼の周りに集まるのがよくわかる。

その迫田さんとコンビを組んでいるレオちゃん(ちゃん、と言っても30代半ば、パパでもある)がまた面白い。学生みたいにしか見えないレオちゃんだけど、いなかパイプの代表理事なのだ。プランナーのような、ファシリテーターのような、、、何ものなんだろう。

「地デジ」ワークショップは今回が58回目(でありサミット1回目)日本全国を巡っている。
参加者は生産者、流通、デザイナー、行政関連と多岐にわたる。そこで起こったこと、四万十で起こったこと、いろんな話を聞く。

その後は参加者の5分間プレゼン。今手がけているプロジェクトのこと、気になることを5分で。それぞれ準備してきたパワポなどを使ってのプレゼン。みんなそれぞれの地で凄いことをしかけているのね、、、若いのに凄いのね、、、と圧倒されつつ。
私はプレゼン予定がなかったにも関わらす5分の時間をもらいほぼ自己紹介。話は苦手だが、土壇場には強い。ぴったり5分で、専門家派遣のこと、奄美パパイヤのこと、中洲deシネマのことをお話しました。

そして2時間のリラックスタイム。
温泉に浸かるなり、メディディアンピーエ(足で踏むエステ)なり、散策するなり、夕食までをそれぞれに過ごします。
私は温泉+岩盤浴でリラックス。

メディディアンピーエというのは耳慣れないでしょうが、足で踏むマッサージ(エステ)のこと。足で踏むから力強く(だからと言って痛くない)それはそれは気持ちいい。
私は翌日に施術してもらいましたが、「踏んで!誰か踏んで!」と言いたくなる気持ち良さ。これは癖になるわ。

コレ ⇒ http://www.e-ebisu.biz/ebisu/ashihumi.html

温泉から上がり、ほっとしたところで宴会の開始。
先ほどのプレゼンの続きの話とか、それぞれの地元の話とか、美味しいお料理をいただきながら話が盛り上がりますが、、、なんと言っても盛り上がったのは「日本の神様カード」
これはその③にて。

ここはお料理も美味しくて、宴は夜中まで盛り上がるのです。

カテゴリー: fcp, セミナー/イベント, 大分-oita, 日々雑記 パーマリンク