魔法の言葉術@ニューオータニ

ニューオータニ博多で開かれている「幸せ結婚塾」第4回は林田スマさんの「魔法の言葉術」。
お誘いを受けて参加させていただきました。

私が今から結婚するわけじゃないけれど(ないとも言えないですけどw)林田さんのお話を聞きたいし、タイトルも気になるし。

林田さんの生い立ちから結婚、仕事、今に至るまでを笑いを交えホロリとしながらのお話に参加者みんな感動、素敵な言葉をいただきました。

ちょうど私より10歳年上。その頃の就職や結婚観はよくわかります。
まだまだ女性が結婚したら仕事を辞めて家庭に入るのが当たり前だった時代。林田さんもアナウンサーという花形の仕事を辞めて家事一筋、そして仕事へ復帰、子育てのこと、林田さんの一生を猛スピードで聞くあっという間の90分間でした。
相手との距離(関係)・会話している時間・場所(TPO)。その3つに気を配りながら適切な言葉を瞬時に選んでいく。女性だからこそ変化に対応できるはず、と。それは、夫婦間、仕事の時間、いろんな場面で活かせるはず、と。

「話すこと」が仕事であり、プロフェッショナルである彼女の「言葉」の話は実感を伴って聞けた素敵なお話でした。「言葉」はモノに寄り添い、人を励ましもし凶器にもなる。わかっていてもたまに暴言を吐いている私。反省。

そして、林田さんと私の繋がり。
仕事復帰した頃に、ファンや仕事関係の方にいつも配っていたキャンディ。ロイヤルのアーモンドピット(正確にはチョコフルオアーモンド)だったそうです。
そして、そのキャンディを作っていたのは私の父なのです。その頃、ちょうど父がロイヤルに入社し初期から関わったキャンディ。退職までの20数年作り続けていました。室温が高い厨房での重労働だったので、父の引退後そのキャンディは製造中止。今でも時々噂になる美味しいキャンディです。

林田さんにそのことを話し、この御縁にびっくりされていました。
面白いものですね。

出会いを作ってくれたニューオータニの広報、大谷さんに感謝♪

カテゴリー: 日々雑記 パーマリンク