普段着のイギリス菓子案内

羽根則子先生による第1回講座「普段着のイギリス菓子案内」を2月15日(土)に開催いたしました。

第1回は「ティーバッグで楽しむイギリスの紅茶」

イギリスといえば紅茶で、ミルクティーにして一日に何度も飲む、って聞いたことがあるのですが、ほんとのところ、どんな風に飲まれているのかはあまりよく知りません。

お土産にいただいたり、旅行で購入するのも主に「茶葉」が多いのですが、イギリスでは普段に飲む紅茶は圧倒的にティーバッグ、、、そんなことからあれこれとイギリスの紅茶とお菓子のことを話していただきました。

SONY DSCこんな風にティーバッグがいっぱい!日本と違ってたくさん飲むので、もっと大型のケースに入っているものもたくさんあるそうです。そして、驚いたことに、ティーバッグには「ひも」がない! 私たちが日常飲んでいるトワイニングとかリプトンのティーバッグには、ひもがついてるのですが、イギリスのものには、、、ない。

ん〜、当たり前と思っていることが、当たり前ではない。そんなことって面白い。

SONY DSCそんなお話を聞きながら、羽根先生が焼いてきてくださった、お菓子をいただきます。

話題はいろんなイギリスの話となり、お菓子(おやつタイムと食後のデザート)や紅茶とコーヒー、専門店のこと、様々な話が飛び交います。ちょっとした英語での言い回しなども教えていただき、「イエノコト」はまるでイギリスの午後のティータイム。

次回は、3月9日(日曜日)の午後の予定。詳細が決まりましたらお知らせいたします。

と、私はこれをミルクティーを飲みながら書いております♪

 

 

カテゴリー: クラシカタ@イエノコト, セミナー/イベント パーマリンク