奄美パパイヤのこと

木になる野菜 青パパイヤ

奄美大島の温暖な気候と空気で育つ「青パパイヤ」

長寿の島で知られる奄美では「万寿果(まんじょか)」とも呼ばれ、栄養価の高い野菜として昔から食されていました。最近では、パパイン酵素がダイエットや免疫向上に効果があるとされ注目されています。また、健康食品やサプリメントとしてパパイヤ酵素商品が販売されていますが、野菜としての青パパイヤは市場での供給が少なく、これから期待される野菜です。

 

青パパイヤの栄養

食べ物を栄養成分として体に入れても、酵素により分解され体に吸収されなければ意味がありません。青パパイヤは植物の中で最も分解酵素を多く含みます。たんぱく質・糖質・脂質の三大栄養素のすべてを分解する酵素を持ち合わせる優れた食材です。

消化酵素が作用し代謝酵素が働くため体調を整え、ダイエットにも効果的と言われています。

青パパイヤの調理

青パパイヤはスプーン等で種を取り除き、水でアク抜きをします。実から出る白い汁で手がかぶれる方もいるので注意が必要です。(手袋の使用をオススメします)

  • 生で薄くスライスにして5分ほど水にさらしてサラダに最適。千切りにして刺身のつまに。スムージーの材料に、と幅広くご利用いただけます。
  • 焼いて、炒めて・・・甘味が増してシャキシャキ感も楽しめます。
  • そのまま厚切りにしてステーキに。細く切って「シリシリ」に。パスタやそうめんと絡めて。野菜炒めに。
  • 煮て・・・冬瓜と人参の間くらいの食感に。どんな味ともマッチします
  • シチューやカレーの材料に。

奄美パパイヤの背景

奄美大島では昔から、パパイヤを野菜として食べていました。戦後、食糧難の時にもパパイヤを食べて命を繋いだと言われるほど栄養価の高い、そして貴重な食料でした。近年、さとうきびの栽培やその他の農業の影響、また台風被害等で栽培されなくなっていましたが、その栄養価、美味しさを取り戻そうと、2013年奄美パパイヤプロジェクトが発足。パパイヤの苗をたくさんの人に育ててもらい奄美に活気を取り戻すプロジェクトです。

パパイヤの販売について

温暖な気候と太陽の光で育った「木になる野菜 青パパイヤ」

今、奄美大島では少しづつ栽培面積を増やしています。2014年春には量産も見込め、徐々に皆様の手元へお届けできるよう準備中です。

fcp合同会社は、奄美パパイヤ取扱代理店として奄美パパイヤプロジェクトをバックアップしています。

お問い合わせは info@fcp-jp.com まで